Blog

フィルインってどんな感じ??

2017年7月30日

   

こんにちは。

深爪矯正専門サロンmanibloom代表の小島です。

 
 

「ジェルネイルを続けていたら爪がペラペラになっちゃった・・・・」

と言ってネイルをお休みしていたとおっしゃるお客様が、以前アルバイトで勤務していたネイルサロンにも沢山いらっしゃいました。

 
 

それって悲しい・・・・(/ _ ; )

いつまでも可愛く綺麗なデザインネイルを楽しんで頂きたい。
お爪に優しい施術をしたい・・・・・切望

 
 

多くのネイルサロンが付け替えの際にしている「オフ」。
これは有機溶剤である「アセトン」をコットンに浸してアルミホイルでまいてオフするという方法ですが、「アセトン」はお爪を乾燥させる原因になりますのでお爪の為にはよくありません。
乾燥により割れやすいお爪になって行くんですよね。

 
 

じゃぁなんで多くのネイルサロンが「オフ」をしているのか。
どうして「フィルイン」をしないのか・・・・・。

 
 

それは・・・。
いろんなレベルのネイリストが沢山働いているようなネイルサロンだと、全員の技術レベルを合わせるが大変だったりして取り入れていない場合が多いのです。

manibloomでしているのは「一層残しフィルイン」です。
これはトップジェルやカラーを全てマシンで丁寧にオフし、
ベースジェルだけを一層残して上から新たにジェルを足して行く施術になります。

この手法、とても技術がいる施術になります。
 
 
うす〜くうす〜く一層残すわけですから、繊細なマシンワークが必要になるわけです。

manibloomは、現在代表の私と、スタッフ一人の二人体制でお店を運営しているのでしっかりと技術レベルを合わせ「一層残しフィルイン」が可能なのです。

じゃぁ実際どんな感じ?

と言いますと。
 
 
こちらが3週間後にお戻りいただいた状態です。


根元が伸びてきていますね。

 
 

この状態から、トップジェルとカラーを丁寧にマシンで削った状態が下の写真です。

今までジェルが乗っていたところが少し白っぽくなっていますね。

 
 

ここから長さや形を整えて、全く違うデザインを新たに載せます。

こんな感じに。

 
 

これならお爪が痛むこともないので、ずっとジェルネイルを楽しんでいただけるのです。

お爪を大切におしゃれを楽しみたい方は、ぜひフィルインをしているサロンに行ってみてくださいね。

ではまた

 
 
 深爪矯正・トラブルネイル専門サロン【manibloom〜マニブルーム〜】